口唇ヘルペスに効果のあるお薬

口唇ヘルペスによくなってしまうという人はけっこういるものです。

ピリピリするのはイヤなものですが、それ以上にプツプツの水ぶくれができていたりただれているところを見られるのはイヤなものです。

これは、ヘルペスウイルスが悪さをして起こる症状なのですが、感染者は成人の半数以上というのですからかなり多くの方がウイルス保持者ということになります。

高齢になればなるほどヘルペスウイルスの保持者は高率になり、30代前後では半数の人がヘルペスウイルス保持者だといいます。

20代ではかなり少なくなっていますが、それでもヘルペスウイルスの保持者は相当数いると思って良さそうです。

ヘルペスウイルスは、普段神経節に潜んでいるのですがストレスや風邪などで免疫力が低下すると、途端に出てきて悪さをするのです。

そのため、昔は「風邪の華」や「熱の華」と呼ばれていたそうです。

このヘルペスウイルスは、患部に直接触ってしまったり唾液などから感染します。

子どもの頃は親から感染することが多いそうです。

いまはオーラルセックスなどをすることで、唾液などから感染する場合も多いといいます。

感染力は非常に強いのですが、免疫力が高ければ悪さをすることはありません。

そのため、ヘルペスウイルスを持っていても、そのまま普通に生活することができる人が大半です。

ということは、どこで感染したとしてもおかしくはないわけです。

バルトレックス(VALTREX)ヘルペス治療薬

そんな口唇ヘルペスによく効く治療薬にバルトレックスがあります。

非常によく効くので特効薬と言われることもあるくらいです。

ただ、このお薬は普通の薬局で販売されているような薬ではありません。

病院に行って診察をしてもらわないと処方してもらえない薬なんです。

処方されてすぐに治ったとしても、バルトレックスは飲みきらなければならないものではありません。

次に症状が出た時のためにとっておくのも良いと思います。

また症状が出たとしたら、また病院に行って処方してもらわなければならないので面倒です。

前の薬が残っているならそれで対処することもできます。

それなら、余計な診察代を省くことだってできます。

治っても免疫力が低下したらすぐ出てきてしまうものなので、患者としても備えておくことが大事だと思います。

それから、口唇ヘルペスと性器ヘルペスのウイルスは違うものですが、今はオーラルセックスをすることでどちらかわからないこともあります。

どちらにも効くお薬なので一度試してみるといいかもしれません。

ヘルペスウイルスにはバルトレックス

バルトレックスはヘルペスウイルスの増加を抑える働きをするお薬です。

実はウイルスと細菌は別のものなのです。

ヘルペスウイルスの中間は、皮膚などに水ぶくれを作ります。

水疱ウイルスなどがそれにあたります。

水ぶくれが出来ると、ぴりぴりとした痛みを伴います。

このくすりはそういったヘルペスウイルスの悪い働きを抑えるくすりなのです。

ヘルペスウイルスの増加を抑えるので、まだウイルスが少ない初期段階に使用することで、より早く症状が改善するのです。

初期に適切な治療をすることで、症状の悪化も防ぐことが出来ます。

アシクロビルのプロドラッグであり、体のなかで抗ウイルス作用をもつアシクロビルに変化して、効果を現します。

第2世代の抗ウイルス薬と言われ、1日1~3回服用します。

またくすりの飲み合わせによっては、副作用が出やすくなることもあります。

注意が必要なのは痛風や胃、または喘息のくすりを服用中の方です。

バルトレックスの注意点

服用中に車の運転や身の危険を伴う作業は、充分注意して行ってください。

禁止はされていませんがごくまれに、精神変調や意識障害を起こす可能性があります。

特に高齢者や腎臓病の持病がある方は注意が必要なので、運転などをする際は医師に相談する必要があります。

また病院でこのバルトレックスを処方してもらう際には、持病やアレルギー持ちの方は、必ず医師にそのことを伝えてください。

病気や服用しているくすりによっては、重大な副作用を引き起こすきっかけになってしまいます。

また現在妊娠中の方や、確定はしていなくても妊娠している可能性のある方はそのことを医師に伝えるようにしてください。

そして腎臓病の方や高齢者の方は、くすりの排泄が遅れやすいことが多いので、その点を注意する必要があります。

病院に行きくすりを処方されたら、なるべく早いうちに服用してください。

上記でも言いましたが、少しでも早く飲むことでより早いうちに症状の改善が期待できます。

さらに服用することで症状が落ち着いたからといって、自己判断で服用をやめてはいけません。

自己判断で勝手に服用をやめてしまうと、治りが遅くなってしまったり、よくなった症状が再びぶり返して悪化してしまう可能性があるのです。

そして高齢者の方は特に意識的に、いつもより多く水分補給をするようにしてください。

バルトレックスは病院で処方して入手するほか、個人輸入で購入することが出来ます。

価格などに差があるので、自分に適した方を利用してください。

ヘルペス治療に役立つバルトレックスの使い方と入手方法

単純ヘルペスは、顔に表れることの多い皮膚病の一種です。

この皮膚病は、風邪をひいたり、強い紫外線を浴びることが誘因となって、発生します。

症状としては、患部があかくなり、痒みが生じます。

また、単純ヘルペスは、顔だけでなく陰部にも発生します。

これは、性器ヘルペスと呼ばれるもので、主に性交渉によってヘルペスウイルスが伝染することで発生するため、性病のひとつとして知られています。

こうしたヘルペスの症状を改善できるのが、バルトレックスという医薬品です。

グラクソ・スミスクラインが開発したこの医薬品は、ヘルペスウイルスの増殖を抑えて症状の悪化を防ぐ効果を持っています。

この医薬品は、身体に症状が出始めたと思ったら、即座に使い始めることが理想的です。

できるだけ速く、ウイルスの増殖を抑えることで、症状の早期改善が望めるのです。

この医薬品は経口医薬品で、1日に3錠の服用で効果を発揮します。

なお、症状の改善が見られなくても、勝手に服用量を増やしてはいけません。

バルトレックスは、副作用の少ない医薬品ですが、一度に沢山摂取すると、意識障害を引き起こす恐れもあります。

また、この医薬品は眠気を引き起こすこともあるので、運転前の服用には適していません。

薬をストックしておきたいなら日本では個人輸入代行業者からの購入がBEST

さて、先述のとおり、バルトレックスはヘルペスの症状が現れたときに、できるだけ速く服用することが望ましいのですが、日本では病院で医師からの処方を受けなければ、入手できません。

つまり、症状が出始めても、病院に行くまでは薬の服用は開始できないのです。

また、ストックを持っておこうと思っても、ヘルペスの症状が出ていない状態でこの医薬品を購入しようとすると、自由診療扱いとなってしまうため、1錠を購入するのに1,600円程度かかってしまいます。

こうした事情から、個人輸入代行業者をつうじて、この医薬品を購入し、自宅にストックする方もおられます。

個人輸入代行業者なら、医師の処方が必要な医薬品でも、一定の条件のもと、購入することができるのです。

一定の条件とは、購入した薬は必ず購入者本人が使用する、というものです。

また、個人輸入した医薬品の使用は、自己責任でおこなわなければなりません。

ですので、もし重大な副作用が生じても、日本政府からの保証は受けられないという点には、留意する必要があります。

こうしたことを踏まえれば、個人輸入代行業者でバルトレックスを購入して、いざという時のためにストックしておくことができます。