帯状疱疹はバルトレックスを使って治そう

帯状疱疹は水疱ウイルスによって起こる感染症の一つです。

初期症状ではピリピリとした痛みを伴いますが、もしも神経に損傷を与えるものになると麻痺させる可能性のある怖い症状を見せることがあるのです。

この帯状疱疹の治療薬の一つにバルトレックスが挙げられます。

この医薬品はウィルス特有のDNAの複製を阻害するのです。

そのため、人間のDNAの複製を阻害することはありません。

DNAの複製ができなければ、ウィルスは増殖することができません。

残ったウィルスは寿命や人体の免疫によって死滅してしまうのです。

帯状疱疹だけでなくヘルペスなどの感染症に絶大な効果を及ぼします。

使用用法は帯状疱疹の場合は1回につき2錠を1日3回服用することになります。

つまり、合計1日6錠使用することとなるのです。

また副作用には頭痛や眠気などによる意識低下を招くことがあります。

そのため、なるべくなら自動車運転をする前に服用することは控えたほうがいいでしょう。

帯状疱疹は放置すれば後遺症を残す厄介なものですが、初期段階でバルトレックスを使って治療すれば重篤化することなくいずれ治ってしまうものです。

正しい知識で正しい方法で対処すれば、決して怖い感染症ではありません。