バルトレックスはヘルペスに効果がある医薬品です。

最近、帯状疱疹単純疱疹治療に効果のあるとしてバルトレックスという医薬品を用いられる場面が増えているようです。

上記は幼児が患いやすい水ぼうそう性器ヘルペスにも効果があるとされており、体内で吸収されやすいため毎日1~3回の服用で効果を得られるようです。

バルトレックスは副作用の心配はほぼありませんが、ごく稀に一部の患者さんの中には吐き気や胃腸症状、下痢や発疹といった症状を訴える方もいるようです。

また、服用量が所定の量を大幅に超えた場合はさまざまな神経症状が発生しやすくなるようです。

特に腎臓に疾患がある方やお年寄りの方はくれぐれもご注意ください。

また、他のお薬との飲み合わせによっても、副作用を招くことがあるようです。

例えば痛風治療に用いられる「プロベネシド」や胃薬として有名な「シメチジン」、免疫を抑制するためのお薬「モフェチル」などは特に危険性が高いとされています。

こうしたお薬に心当たりがある方は、是非事前にかかりつけのお医者さんに相談するようにしてください。