なんだか戦隊物に出てきそうでかっこいい名前ですが、バルトレックスは医薬品になります。

ヘルペスの治療薬になり、発症した時に服用することで、症状を抑えることが可能です。

口唇、性器と発症するヘルペスは水疱ができ、いずれそれが破けてただれることになります。

そうなると痛みを発症し、口唇であればしみて飲食が難しくなったり、性器の場合排尿時に痛みを感じることが多くなあります。

また傷口になりますのでそこから感染する恐れがあり、性器ヘルペスであれば他の性病に感染する可能性があります。

症状がひどくなる前にバルトレックスを服用するのがヘルペスの治療方法です。

ヘルペスは一度感染してしまうと、完治させることができません。

ヘルペスウイルスはおとなしいときは神経節にとどまり、ストレスや体の変調が起き、免疫力が落ちるようになると活動を活発化させます。

風邪をひいて発熱を感じた時にヘルペスができる人もいますが、それこそ顕著なヘルペスの症状です。

免疫力を落とさないことがヘルペスを発症させないことになりますが、ストレスも多い現代社会ではそれが困難です。

いつ起きても対処できるヘルペス持ちの味方になる医薬品になるといえるでしょう。