バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑える内服薬です。

ヘルペスウイルスが原因の病気には水ぼうそう、口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹などがあります。

ヘルペスウイルスは一度感染すると、バルトレックスを服用しても身体の中からすべてのウイルスを殺菌することは出来ません。

これはヘルペスウイルスが人間の神経節に潜り込んで休眠してしまうことが原因で、症状が収まった後でも免疫力が落ちたタイミングで再び活動を開始することから口唇ヘルペスや性器ヘルペスが何度も再発してしまうことがあります。

そのため、治療法としてはヘルペスウイルスの殺菌ではなく、増殖を抑えるというものになります。

バルトレックスはヘルペスウイルスがDNAをコピーして増殖していくのを防ぐ効果があります。

そのため、ウイルスの増殖が少ない発症初期の段階で服用することで症状を軽減する効果が大きく見られます。

現在では性器ヘルペスや口唇ヘルペスを何度も再発してしまう人には、バルトレックスを毎日少量服用することで再発を予防する予防投与も行われており、健康保険が適用できるようになっています。

再発を繰り返すようなら、病院に相談してみるようにしましょう。