バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑える飲み薬で、DNAポリメラーゼ阻害薬に分類される医薬品となります。

バラシクロビルを有効成分にした主に錠剤が使用され、口唇ヘルペスなどの単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペスなどの治療に用います。

ヘルペスウイルスは多くの人が体内に持っていると言われるウイルスですが、通常は免疫力によって抑えられています。

しかし、風邪や仕事の疲れで免疫力が低下した状態、あるいは何らかの理由によってウイルスが活性化すると、神経を刺激しながら皮膚に水ぶくれや湿疹を作るようになります。

幼児期に水ぼうそうに罹っていると症状は軽くて済みますが、大人になって初めて感染した場合は痛みを伴って高熱となる重症になることもあるため注意しなくてはいけません。

バルトレックスは効果的にウイルスの増殖を抑える働きがあるため、早く服用すればその分だけ症状を緩和できるようになります。

また、ヘルペスウイルスは知覚神経の細胞に潜伏して隠れてしまうため、再発する可能性の高い病気とも言われています。

そのため、バルトレックスは再発予防を適応症として処方することができるため、長期的な服用が必要なときでも病院から購入することができます。