バルトレックスを常備薬にしている理由

バルトレックスは私にとっては欠かせない薬になっています。

その理由は口唇ヘルペスに半年に一度の割合でかかってしまうからで、発症してから早い段階に飲むと効果が現れやすくなって、治りが早くなると経験上知っているからです。

以前は病院で診察を受けて処方してもらっていたのですが、バルトレックスの処方は1日2回分で5日分しか一度に処方できないと医師から伝えられ、また症状が現れるたびに仕事帰りに病院に行くのは面倒だなと思い、ネットの個人輸入を利用する事にしました。

その時に気になって副作用などを調べたのですが、バルトレックスは比較的少ないそうです。

しいてあげるとすれば下痢や吐き気、眠気などの症状が記載されていました。

それ以外には高齢者や腎臓に疾患がある人も注意が必要みたいで、自分で輸入した薬を上手に使えるか気になる人は、私のように一度医師の診察を受けて薬の取り扱い方を聞いて、不便さを感じ出してから個人輸入に切り替えるといいかもしれません。

ただ手元に薬があると安心感が違います。

口元に違和感があって鏡で見て、「あ、これは口唇ヘルペスだな」と気づいた時にすぐに服用できるので、病院に行くよりもタイムロスがない点が魅力的です。