抗ウイルス剤の一種のバルトレックス

バルトレックスは、抗ウイルス剤の一種で、ウイルスの増殖を抑える働きのある医薬品です。

単純疱疹や帯状疱疹、水ぼうそう、性器ヘルペス、口唇ヘルペスなどの病気に罹ったときに、医療機関で処方されます。

病気によって、服用する分量が違ってくるので、医師や薬剤師の指示に従って服用をするようにして下さい。

病気が改善するまでは、自己判断で薬の量を減らしたり、服用を中止するのは避けるようにしたいものです。

副作用は、眠気やだるさ、頭痛などが見られる場合があるので、バイクや自動車の運転や危険な作業は避けるようにしましょう。

妊娠中の女性や、腎臓病、膠原病などの免疫疾患の病気の方は、服用できない場合があります。

帯状疱疹は、体の免疫力が低下すると、発症しやすくなりますが、バルトレックスを服用することで、皮膚の痛みや発疹を緩和しやすくなります。

初期段階から、服用を始めることで辛い症状が改善されてくるので、早めに病院に行って処方をしてもらうことが大切です。

お子様は、ほとんどの方が水ぼうそうに罹りますが、体のだるさや発熱などが見られてから、全身に水疱が出てきます。

バルトレックスを処方してもらえるので、服用をすると一週間程度で症状が改善されることが多いです。