ヘルペスには第二世代抗ウイルス薬のバルトレックス

バルトレックスは単純疱疹、帯状疱疹、性器ヘルペス、水ぼうそうなどの症状を治療する薬で、ウイルスなどの増殖を抑え込む作用があります。

この中で特に問題になるのは、皮膚や粘膜に水ぶくれができて、赤く腫れたり、強い痛みが出るヘルペスでしょう。

もし症状が出たときは、なるべく初期にこの薬を用いることで、ヘルペスの症状が抑えられて治るのが早くなります。

ヘルペスの薬で他に有名なのはゾビラックスになるとは思いますが、バルトレックスはゾビラックスのプロドラッグにあたるので、体内に投与代謝されてから抗ウイルス作用を持つという特長があります。

さらに特定の場所へ絞って効きますし、作用も持続することになるので、体内に吸収されやすくなるメリットがあると言えます。

つまり、ゾビラックスよりも少ない使用回数で同じくらいの効果が期待できるのです。

これがバルトレックスが第二世代抗ウイルス薬と呼ばれている理由になります。

注意すべき副作用は、下痢、吐き気、発疹などと、眠気、頭痛です。

容量が多くなると、妄想、混乱、興奮、痙攣などの書状が出ることもあるので注意して使用してください。

また、使用法は症状によって異なるので、この点も注意しましょう。